Movie1

ゆれる

-概要-
ゆれる

それでは実際に映画のご紹介をしていきたいと思います。 1つめのタイトルは「ゆれる」という映画。結構マイナーな映画で僕自身友人に紹介されるまでこの作品は知りませんでした。しかし、実際に作品を見て感動しました。作中のあらゆる場面でいろんな「ゆれる」が見てとれる。これだけコンセプトと映画の内容が一貫しているものを見たのは初めてでした。

あらすじは以下のとおりです。
東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリジョー)は母の法事で帰省する。猛はガソリンスタンドを経営している兄・稔(香川 照之)と幼馴染の智恵子の3人で、近くの渓谷に遊びに行く。しかし、猛がひとり散策しているときに智恵子が吊り橋から落下してしまう。そばにいた稔は殺害容疑で逮捕される。事件現場を目撃した猛は必死に稔をかばおうとするが、裁判が進むにつれてその心はゆれ動く。

兄・稔は冒頭の法事の席では、ひたすら人の世話を焼いている本当に良き兄であり、頼もしい息子です。ガソリンスタンドでも、部下の智恵子に代わってクレーム客に頭を下げるなど、誰の目にも献身的で、いわゆる「いい人」と言われる属性の人柄です。

彼は、実は智恵子への想いを抱えていますが、簡単に智恵子をかすめとる「弟」に、憎しみとも羨望ともとれる気持ちを抱えています。そして職場で、一生懸命に尽くし、親しくしていると思っていた女性から、実は生理的に嫌われていたことを知ったときの救いようのないイタさ、自分の良心と心の底からわく黒い感情に揺れ動き事件が起きる。

智恵子殺害容疑をかけられて以降、1枚1枚と皮を脱ぎ捨て、表層化させる兄・稔の心の闇。香川 照之は、そのすべてを驚くほど自然に、不気味に、みじめに演じ切っています。
皮をすべてはいだときの芝居より、はがれかかっているときの芝居が絶妙です。彼の言動から、次第に壊れていっている様子が、よく分かるのです。それを見た視聴者は「結局、香川照之は黒なの?白なの?」という感情が視聴者の心にも沸き起こり揺れ動かされます。
こういう人間の心理を深くえぐる映画や小説が僕はかなり大好で、もう胸が痛くて締め付けられながらも続きが気になるそんな映画でした。

ゆれる:http://www.yureru.com/