Service

定額制サービス

-料金体系について-
最近の映画事情

みなさん「サブスクリプションサービス」という言葉をご存知でしょうか?
サブスクリプションとは「定額制」の意味で、月額料金を支払えば使い放題になる定額制サービスのことです。つまりNetflixやAmazonプライム・ビデオが現在提供しているサービスのことですね。世の中に数多くあるこの「サブスクリプションサービス」。内容やコンテンツ量もまちまち「で、結局どれがいいの?」とはじめて使う人は思うはず。ここではまず、最近の映画鑑賞では欠かせないこの「サブスクリプションサービス」について取り上げ、既存のサービスの情報をまとめ、みなさんがどのサービスを選べば良いのかわかりやすくご説明していきたいと思います。

料金や支払い方法

サブスクリプションサービスでかかる料金は、見放題の「定額料金制」と「課金制」の2種類に分かれます。「課金制」についてはその名のとおり、単体の有料コンテンツに支払って視聴することです。YouTubeでの映画レンタルはこれに当たります。amazonのプライムビデオも一部コンテンツは「課金制」を取っているところがありますね。料金の相場を調べてみると、「定額料金制」は300〜2000円とサービスによってかなり幅広いのが特徴。ただ2000円代の料金がかかるサービスはU-Nextのみその他のサービスはほとんどが1000円台なので大半のサービス1000円前後で楽しむことができます。「課金制」だと一本300〜500円程度で単体レンタルできるのが相場です。ppvのサービスが300円程度かかることを考えれば月に平均して4本以上見る人は定額制サービスを見るのがお得です。またドラマなどシリーズものを見る場合は一話一話お金が「課金制」よりも定額制サービスがお得だと言えますね。

動画配信サービスごとの特徴

料金体系のことについて簡単にご説明しましたが、世の中にある数多くある「サブスクリプションサービス」は特化しているジャンルが違ったり、独自のサービスを展開していたりとさまざまです。「せっかく契約したけど見たい映画がない」ということにならないよう、事前にどのサービスが何に強いのか調べておきましょう!また、現状どのサービスにも無料視聴期間というものがあるのでそれを利用して、実際に体感してみてから決めるのも手です。ひとまずここでは大手動画配信サービス3社をメインにその特徴を説明していきたいと思います。